タバコを吸うこととはどのような影響があるのか

タバコを吸うことは自分だけでなく、周囲の人たちにも様々な影響を与えます。社会的にもその認知度は広がり、病院ではタバコを自分でやめることが出来ない人のための「禁煙外来」が設けられているところもあります。また一方で電子タバコの需要は高まっていて、電子タバコとひと言でいっても様々な種類があります。従来の煙草はタバコの葉を加工したものをいい、葉巻タバコや紙巻タバコなどの形態として嗜むことが多いです。含まれているニコチンが中枢神経に作用し、日常的に摂取してしまうと依存度が高くなってしまうことから発がん性も問題視されています。

電子タバコの種類とは

禁煙が叫ばれるなか電子タバコの注目度は高まっていきましたが、そもそも電子タバコとはどのようなものをいうのでしょうか。電子タバコとはタバコの葉を使わないものをいい、中身はリキッドでニコチンやタールは含まれません。種類は大まかにリキッド式、カートリッジ式、使い捨て式にわけることが出来ます。リキッド式とは電力で加熱すると気化した蒸気が発生し、その蒸気を吸う仕組みのものをいいます。リキッドには様々なフレーバーのものがあり、自分の好みのものを選択することが出来ますが煙草に比べランニングコストは割安です。リキッド式電子タバコに必要なものには本体とリキッドがあげられますが、このリキッドを交換することで様々な味のものやブランドのものを選ぶことが出来ます。これはリキッド式ならではの大きな特徴であるといえます。

禁煙に役立つアイテムには様々なものがありますが、vapeもその一つです。好みの味のリキッドを入れて気化させた蒸気を吸うタイプの電子タバコです。煙の量が多いので、タバコを吸っているような感覚が楽しめます。