顔の形に合うものを選ぶ

メガネには様々な形状のフレームがあり、それぞれにフィットする顔の形があります。どうせ選ぶなら自分の顔にあったものを選びたいですよね。たとえば丸顔タイプの方であれば、スクエアタイプという角張り感のあるフレームにするとバランスがいいですし、四角顔タイプの方であれば、ボストンというまるみのあるフレームがフィットします。このように顔の形状と相反するような形状のフレームを使用すると、バランスがとりやすいという特性があるのです。

ただし「この顔の形なら、このフレームじゃなきゃダメ」というものではないので、実際に試着してみていいなと思うものを選ぶことが大切でしょう。

メガネフレームに使われている素材で選ぶ

メガネフレームの代表的な素材には、メタル素材やプラスチック素材、樹脂素材などがあります。どの素材を選ぶかによって印象や使用感が変わるので、とても重要なポイントです。メタル素材であればフォーマルな印象がありつつ頑丈な素材ですし、プラスチック素材や樹脂素材であれば温かみがあり肌になじみやすい傾向があります。

また材質によって、塗装の仕方も変わってくるので質感にも差が出てきます。見栄えだけでなく、触り心地で選んでみるのもいいかもしれませんね。

使用するシーンに合わせてメガネを選ぶ

メガネを選ぶ際には、シーンに合わせて選ぶということが大切です。なぜなら、状況にあったメガネでないと目に負担を与えやすいからです。選び方の例としては、外仕事の人であれば単焦点レンズまたは遠近両用レンズ、中仕事の人なら中近レンズまたは近々レンズがいいとされています。

快適に仕事をするためにも、目という大切なパーツを守るためにも、メガネはシーンに合わせて選ぶことが大切です。

メガネの多くは軽量で割れにくい点からプラスチック樹脂で作られたレンズが使われています。しかし、熱に弱い欠点もあるので火花が飛散する環境ではガラス製のレンズを使った製品の方が便利です。