普通のタバコと電子タバコの違いとは

タバコの受動喫煙や体に対する影響などが盛んに叫ばれるなか、電子タバコを使用する人は増えています。それぞれ外見は全く違いますがその成分はどうなっているの気になりますよね。一般的に火をつけて吸うタバコと呼ばれるものには、ニコチンやタールといった有害とされるものが含まれています。そのため吸っている人は勿論、発生した煙を周囲にいる人が吸い込んでしまっても悪影響があるといわれているのです。

電子タバコはこのようなニコチンやタールが含まれておらず、尚且つ煙も発生しないため周囲の人たちに及ぼす影響を最小限にとどめられるといわれています。また電子タバコはvapeとも呼ばれていますが、内蔵されているリキッドが電力により加熱されると蒸気が発生します。喫煙者は、この蒸気を吸い楽しみますが、リキッドにはチョコレート味やミント、フルーツ味など様々なものがあります。

電子タバコ購入するには

通常のタバコは販売が許可されているコンビニやスーパーなどで購入することができますが、電子タバコはどのような場所で売られているのか気になります。電子タバコはニコチン等が含まれていないので一見すると、どこででも購入できるのではないかと思えてしまいます。ネットショップや電気販売店、一部のスーパーやコンビニなどで扱っているので確かにどこにでも売っている、ともいえます。しかしリキッドは多種多様のため自分が好んでいるものが必ずしもどの店舗でも扱っているとはいえず、その点では通常のタバコのように好みのものをすぐに手にする、ということは難しいです。

vapeのおすすめはショップで店員の方に聞いてみるのが良いでしょう。試せるケースも多いので自分の好みのものを見つけやすいです。