職場へのお土産なら容量・個数が十分なものを

職場へのお土産でポイントにしたいのが、お土産の容量や個数です。職場の人数に対し、お土産の数が少ないと誰かがお土産をもらえないことになります。お土産をもらえなかった人は残念に思うかもしれません。また、お土産の配布を誰かに頼む人もいますが、人数に対して数が少ないお土産は配りにくいため、困らせてしまう可能性もあります。「気が利かない人」というレッテルを貼られないためにも、職場の全員に行き渡るような、十分な容量のお土産を選びましょう。さらに、職場の構成を考えて選ぶのも大切です。例えば女性が多い職場であればおしゃれなスイーツ、年齢層が高めであれば、和菓子や東京土産と分かりやすい定番の品などが挙げられます。お土産選びのセンスを発揮できれば、職場でのイメージアップに繋がるかもしれません。

友達へのお土産なら話題性の高い品がおすすめ

友達への東京土産を選ぶときは、話のタネになるような話題性の高い品がおすすめです。流行のスイーツや限定品など、今東京でホットなものを探してみましょう。テレビや雑誌など、メディアでよく紹介されているものを参考にするのも1つの方法です。

家族へのお土産は好みに合わせて選ぶ

家族は自分にとって最も身近な間柄。好みに関してもわかっている部分が多いでしょう。流行りのものを選ぶのも良いですが、家族の好みに合わせて考えるのが1番です。もし好みがよくわからなければ、「どんなお土産がいい?」と直接リクエストを尋ねてみてはいかがでしょうか?これなら外す心配もないので安心ですね。

campanella eは、日本のクッキーブランドです。ブルーハーブティーとクッキーが一つになった、ブルーメルティンサンドが人気となっています。